How to 家庭菜園

  1. ニラの土作りと施肥

    ニラはプランターなどどこでも植えることができるので、誰でも栽培することができるすぐれものです。ニラは一度植えておけば何年でも同じ株から葉が伸び、年に何回も刈り取りできるので、大変重宝する野菜です。ニラはこぼれ種でもたくましく育ちますので、是非挑戦してみてください。

    続きを読む
  2. じゃがいもの土作りと施肥

    ジャガイモはナス科ですが、日本には、1600年頃、オランダ船によりジャカルタ港から運ばれたそうです。当時のジャカルタが「ジャガタラ」と呼ばれていたので、「ジャガタライモ」と呼ばれるようになり、その後呼び名が変化しジャガイモになったそうです。

    続きを読む
  3. ゴボウの土作りと施肥

    きんぴらや天ぷらのかき揚げなどに使われるほか煮物に用い、近年では細切りにした根を湯がいてサラダにもしますね。ごぼうは水溶性食物繊維のイヌリン、不溶性食物繊維のヘミセルロース、リグニンなどを豊富に含んでいます。旬は初冬で、新ゴボウは初夏となります。

    続きを読む
  4. カブの土作りと施肥

    春の七草では「すずな」としてお馴染みのカブは、古くから親しまれ、珍重されてきた野菜です。プランターでも作ることができ、家庭菜園にお勧めの野菜といえます。冷涼な気候を好み、低温には強いのですが、高温と乾燥には弱いので注意してください。

    続きを読む
  5. アスパラガスの土作りと施肥

    アスパラガスは、宿根性なので一度根株を養成すると長年にわたって栽培できます。日本では北海道が主な産地です。地上15センチメートルから20センチメートルに伸長した緑の新芽を収穫して食べます。新芽に土やもみがらをかけておくと、柔らかく白いものが収穫できます。

    続きを読む
  6. オクラの土作りと施肥

    オクラは、アフリカ原産とあって暑さにはすこぶる強く、真夏でも旺盛に生育します。 乾燥にも強く、有機物を多く含む壌土を好みます。アオイ科であることから、花はアオイに似て非常に美しいです。花が観賞できるのも家庭菜園ならではですよね。可憐な黄色の花を存分に楽しみましょう。

    続きを読む
  7. 秋まき春どりキャベツの土作りと施肥

    キャベツには、夏まき秋冬どりのものと、秋まき春どりのものがあります。夏まきの代表的な品種は、「早生秋宝」や「おきな」「うずしお」などです。 一方、秋まき春どりの品種には、「金盃」や「金系201」などがあります。 一年中栽培できますが、暑さと乾燥に弱く、寒さに比較的強い性質をもっています。

    続きを読む
  8. 夏まき秋冬どりキャベツの土作りと施肥

    キャベツは一年中栽培でき、土も選ばないので家庭菜園に適しています。難易度もさほど高くなく、夏まき秋冬どり栽培と、秋まき春どりの栽培があります。好みもありますが、夏まきは葉がやや硬くなり味が落ちます。秋まきは、柔らかくて甘味の強い、品質の良いものができます。

    続きを読む
  9. カボチャの土作りと施肥

    家庭菜園用としては、「えびす」や「みやこ」など、西洋品種から改良された苗が育てやすく味のよいものができます。在来の日本種である「会津早生」「白菊早生」などを好む方もいらっしゃります。やせた畑でもよく育つことから、家庭菜園で作りやすい野菜です。

    続きを読む
  10. キュウリの土作りと施肥

    サラダや漬物でお馴染みのキュウリ。家庭菜園で手作りすれば、幼果から大果まで色々な味や食べ方を楽しめます。生育が早いキュウリは、家庭菜園で栽培するととても楽しい野菜です。風や乾燥にも耐え、長く収穫できるのもいいですね。草勢や着果数を見ながら、随時収穫して着果負担を調節しましょう。

    続きを読む
ページ上部へ戻る