How to 家庭菜園

  1. 野菜の貯蔵温度

    家庭菜園で育てた野菜たちは少々形がいびつでもおいしく食べれますよね。ただし、家庭菜園の場合、スーパーで買ってくるのとは違い一度にたくさん収穫できることがあります。そのような場合は、新鮮に保存する工夫が必要となります。 野菜も人間と同様、呼吸をしています。

    続きを読む
  2. 野菜の保存と呼吸

    家庭菜園で、手塩をかけて育てた野菜たちですから、ちょっと曲がったキュウリ、太さがまちまちの大根、少々虫に食われたキャベツやホウレン草など、自分の家庭菜園で採れたものはどれもおいしいです。自分で育てた野菜なら、農薬の心配もなく安心して食べられますよね。

    続きを読む
  3. 支柱

    苗を植えつけた直後、苗が倒れないように、完全に根付くまで支柱で支えてあげることが大切です。また、トマトやナスなど、重い実をつける野菜や、キュウリや最近人気の苦瓜「」ゴーヤ)などのつる性の野菜は、支柱を立ててあげると野菜の茎への負担が軽くなり、良い品質のものを作ることができます。

    続きを読む
  4. 種まき

    「まかぬ種は生えぬ!」 まさにその通りです。家庭菜園の成功への第1歩は、種まきを無事にクリアすることにあります。そのためにはまず、優良な種を仕入、それぞれの野菜の種の特性を理解して発芽しやすい環境をつくってあげることが大切なのです。

    続きを読む
  5. 用土

    家庭菜園の流行に反映してか、最近では園芸店にさまざまな用土が並べられるようになりました。黒土、赤玉土、腐葉土、ピートモス、川砂、などなど。それぞれ通気性や保水性が異なります。 家庭菜園ではそれぞれを単独で用いるのではなく、数種類を組み合わせて各長所や短所を補うようにすると良いでしょう。

    続きを読む
  6. 1坪のミニ菜園

    家庭菜園では、広いと耕したり草取りが大変なことは確かですが、狭い場所であれもこれもといろいろな野菜を作ると、茎葉が重なり、日陰の部分ができてしまうしし、作業もしにくいものです。ある程度の余裕をもって作ることが良い収穫に繋がります。そうはいっても、誰もが広い菜園を持てるわけではありませんよね。

    続きを読む
  7. 栽培面積

    家庭菜園にはどれほどの広さの畑が適切だと思いますか?ご家族で日曜日や休日に野菜作りを楽しみたいという方なら、6坪(20平方センチメートル)程の広さならばつくり応えがあると思います。

    続きを読む
  8. プランター栽培と鉢栽培

    畑がなくては家庭菜園が出来ない!と思ってる方は多いのではないでしょうか?でも畑がなくても家庭菜園は可能です。 プランターや鉢でも、ナスやエンドウマメ、ピーマンなど、あまり大きくならず、根を広く張らない小物野菜なら立派に収穫できます。

    続きを読む
  9. 連作障害とは

    家庭菜園では、畑の広さなどの関係もありますが、なるべく多くの種類の野菜をつくってみたいですよね。しかし、同じ場所で同じ野菜を連続的に栽培すると、病害虫に侵されやすくなったり、野菜の生育が悪くなります。

    続きを読む
  10. あると便利な道具

    農作業の基本的な道具には、スコップやくわ、はさみなどがあります。家庭菜園では、最初からすべて揃える必要はありませんが、あると作業の能率、効率がぐんとあがります。 徐々に道具をそろえていくのも、また家庭菜園の楽しみのひとつといえます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る