BLOG

カボチャの土作りと施肥

カボチャ家庭菜園用としては、「えびす」や「みやこ」など、西洋品種から改良された苗が育てやすく味のよいものができます。在来の日本種である「会津早生」「白菊早生」などを好む方もいらっしゃります。
やせた畑でもよく育つことから、家庭菜園で作りやすい野菜です。

 

畑の準備と施肥

カボチャは、土質も選ばず、壌土から砂地までよく育ちます。ただし、リン酸が欠乏している火山灰土では初期の育ちが悪くなるので、施肥に注意しましょう。
 
植え付けの2週間に畑の準備をします。畑に苦土石灰をまいて耕します。畝幅は、2.5メートルにとり、株間も1メートル程度にします。カボチャは旺盛に育つので、1株でもかなり広い面積を占めます。
家庭菜園では、この性質をよく見込んで品種を選びましょう。狭い場所やプランター用には、つるなしのズッキーニなどを試してみられてはどうでしょう。
 

直まき

直径40センチメートル、深さ30センチメートルほどの穴を掘り、この中へ1株あたりの堆肥を4から5握りと化成肥料を大さじ2杯ほど施します。
地表よりも少し高めになるように掘った土をかぶせてもどします。これをまき床にして、1箇所から4から5粒ずつまき、土を1から2センチメートルかぶせます。
 

追肥

チッソ肥料が強すぎると、「つるぼけ」といって、つるばかりのびて実がならなくなります。
果実がこぶし大になるまでは肥料をやらないようにします。草勢が弱い場合には、果実が2から3個つき、確実に実止まりしたことを確認してから1株あたり1握りの化成肥料を株元から少し離して(40から50センチメートル)やります。
茎葉にかけないように注意します。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る