BLOG

オクラの土作りと施肥

オクラオクラは、アフリカ原産とあって暑さにはすこぶる強く、真夏でも旺盛に生育します。
 
乾燥にも強く、有機物を多く含む壌土を好みます。
アオイ科であることから、花はアオイに似て非常に美しいです。花が観賞できるのも家庭菜園ならではですよね。可憐な黄色の花を存分に楽しみましょう。

 

畑の準備と施肥

土作り

1.粗起こしのときに、1平方メートルあたり、堆肥2キログラム、苦土石灰100g程度を施して土を中和させます。
2.4から5日後に、化成肥料150gを元肥として施し、畝全体をよく混ぜます。
3.畝は幅1メートルに立てます。
 

追肥と土寄せ

子葉が開ききった頃に、発芽が遅れた株を間引きします。その後、草丈が10センチメートルくらいになるまで適宜間引きをしていき、1株立ちにします。最後の間引き頃から急に育ちが早くなるので、肥料切れをさせないように追肥をします。
 
● 1回目の追肥・・・1株にしたときに株間に追肥します。1回の施肥量(1平方メートルあたり)は、化成肥料を50から60g程度です。株間に施肥し、土と混ぜ合わせます。株元へ土寄せをします。
● 2回目から3回目・・・1回目と同量を15から20日おきに2から3回行います。
株から離れた、畝の肩部分に肥料溝をつけて施肥し、覆土をしておきます。最後の追肥の時に畝の肩の土を株元に寄せ、株が倒れるのを防ぎます。
*梅雨明け後に畝の乾燥を防ぐために、わらや枯れ草を畝全体に敷いておきましょう。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る