BLOG

芝生のお手入れ

ガーデニングで土の上に芝生を敷いている方も多いと思いますが、困るのはそのお手入れ方法ではないでしょうか。
基本的には植物を育てると言う事と、芝生のお手入れをすると言う事は工程的には変わらないと思って良いと思います。芝生と考えるから難しくなるのであって、芝生も植物なのですからガーデニングにすると言う感覚でいれば良いと思います。
芝生を育てるうえで、土がある事、日差しが十分である事、水を与える事が大切になります。
芝生の本来の目的は通常の植物とは趣が異なり、土を這うようにして芝生を育てます。
きれいな芝生には芝生以外他の植物を生やさない様に手入れされている事だと思います。
芝生には雑草が生えやすいですのでこまめに刈り込んだり、水を与えたりして、きれいな芝生を保ちましょう。
こう考えてみると、芝生も手間隙をかけて育てていきますので、ガーデニングをしているのと同じ感覚だと言えるのではないでしょうか。
芝生を植える為に土壌に栄養や肥料を与える事で鮮やかな緑色になります。
もし、芝生を植えたいところが日陰の所だとしても心配ありません。芝生は本来日向で育てますが、種類によっては日陰でも育つ物が有りますので、それを選ぶ様にすると良いと思います。また、水を与える必要があると言っても与えすぎはかえって逆効果になりますので注意しましょう。
芝生を育てるのもお手入れもガーデニングの一つです。正しい知識でお手入れしていきましょう。
 

関連記事

ページ上部へ戻る