BLOG

雑草の種類(ブタクサ)


花粉症の原因としても知られる「ブタクサ」。
キク科ブタクサ属の一年草で、秋の花粉症では代表的なアレルゲンの一つです。
国内では、スギ、ヒノキに次ぐ患者数だといわれています。
開花時期は、7月~10月頃で、小さな黄色の頭花を開き、雄花は茎頂に長い穂状につき、雌花は雄花穂の下部に腋生しますが、少数で目立ちません。
英名では、「ragweed」や「hogweed」の名称もあり、和名の「ブタクサ」は、hog(豚)+weed(草)からつけられたといわれています。
 

関連記事

ページ上部へ戻る