BLOG

雑草の種類(エノコログサ)


【エノコログサ】イネ科 エノコログサ属
 
ブラシのように毛の長い穂の形が独特な一年生の雑草です。
空き地や道端、畑地の周辺などに生育し、夏草の代表格です。
茎は分けつして株になり高さ20?70?になる。葉は線状披針形で無毛で、秋には茎の先に円柱状の穂を付けます。
 
エノコログサは、夏から秋にかけてつける花穂が、犬の尾っぽに似ていることから、犬っころ草(いぬっころくさ)と呼ばれたのが名前の由来だそうです。漢字でも狗(犬)の尾の草と表記します。猫じゃらしの呼び名も有名ですね。
 

関連記事

ページ上部へ戻る