BLOG

家庭菜園 簡単な野菜 その2

今回は、実エンドウとキュウリ、ゴーヤをご紹介します。
実エンドウは、夏前には収穫します。
種のまき方ですが、30センチの間隔をあけて、4粒くらいずつまきましょう。
冬を越している間は、茎が伸びませんので、それを見ると枯れてしまったかと心配になる方が多いのですが、根がきちんと育っていますので心配は不要です。
暖かくなってくると、一気に新芽が伸びてきて、更に大きくなります。
特に世話も必要ありませんから、初心者でも実エンドウなら、楽に家庭菜園が楽しめると思います。
さて、夏の野菜、キュウリも家庭菜園では沢山の人が育てているようです。
キュウリは4月から5月にかけて苗を植えます。
初夏から秋にかけて長く収穫が出来る野菜です。
キュウリは、暑さに強い野菜ですし、害虫にも比較的強いので、初心者にお勧めです。
葉を整理して、風通しよくしてあげるればよいので簡単です。
そして、実が付いてきたら、早い段階で収穫します。
実を大きく育てていると、株の勢いが弱まってしまい、ほかの実りも悪くなってしまうので若いうちにどんどん収穫して食べましょう。
ゴーヤは高温にも乾燥状態にも強い夏野菜ですから、初心者でしたら是非トライしてみたい野菜です。
4月から5月に、種をまき、収穫は8月から9月です。
栽培のポイントですが、本葉が6枚くらいになったら、摘芯をしましょう。
そして、子づる、孫づるをどんどん伸ばしてあげます。
これは、子づる、孫づるにゴーヤの実がなるからです。
 

関連記事

ページ上部へ戻る