BLOG

寄せ植えに必要な道具

花壇のお花も素敵ですが、コンテナ類を使ったお花の寄せ植えもまた素敵ですね。
季節の花を使い、華やかでお洒落な寄せ植えを作っている人は、何だかガーデニングのプロって感じがします。

「お花は植えたことはあるけど、寄せ植えはまだしたことがないし何だか難しそう」と思っている人や、ガーデニング初心者の人でも、寄せ植えはお花が好きな人なら誰にでも簡単にできますよ。

まずは、寄せ植えに必要な道具をそろえましょう。
ガーデニング用品店に行くと、色々な道具がありますが、基本的な道具は、地植えの場合と同じです。
シャベルや剪定ばさみ、じょうろの他に、土入れも必要です。
土入れは、鉢の周囲など、狭い部分に土を入れる時に使います。幅のせまいシャベルでも代用できると思います。

そのほかに、苗を植えるコンテナも必要ですね。
ガーデニング用品を扱っているお店には、色々な種類のコンテナがあります。素材やデザインも様々なので、選ぶのも楽しいですね。

初めての人にはローボウルがおすすめです。
ローボウルとは、丸型で、口が広く浅い鉢のことです。
浅い鉢だと、初心者でも扱いやすい、草丈が低い草花とのバランスがとりやすいのです。
鉢底にはたいてい穴が開いています。
土が出てこないように敷く、鉢底ネットも必要です。
これは、果物や野菜などのネットでも代用できますよ。

あとは土と、花苗ですね。
土は、培養土の他に鉢底に入れる鉢底土もあると良いです。
鉢底土とは、水はけを良くして根の張りを良くするために入れる土です。 

これだけあれば、すぐに寄せ植えができますよ。
まずは自分の好きな花を選んで、自分なりの感性でデザインしてやってみましょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る