BLOG

ジョウロを選ぶ

鉢植えや観葉植物を育てていく上で、必要な物としてジョウロがあります。
  
ジョウロには大きく分けて2種類あります。
口の先端に、シャワーのようにやさしく水をまくための部品、蓮口がついているものと、ついていないものです。
またこの蓮口が取り外し可能なものとそうでないものとあります。
さらに、蓮口の目の大きさが異なる蓮口が付属品として付いていて、交換できるタイプもあります。
 
室内の観葉植物なら、蓮口だと周りに水をこぼしてしまいますので、ないタイプが良いです。
お庭の花壇ならば、蓮口の方が向いています。
シャワーのように水が出た方が、一箇所に集中することなく、全体的に水をまけます。
 
足元まで茂っている鉢に水をやる場合は、先端が細くなってカーブしているタイプが向いていますよ。
 
素材も様々でして、プラスチックのものやブリキのもの、デザインも様々で、シンプルなものからインテリアになりそうなお洒落なものまで多くあります。
見た目が良いものは使っていて楽しいですが使いやすいものが一番だと思います。
用途に応じたジョウロを選んでガーデニングをしてください。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る