BLOG

ストロベリーポット

寄せ植え作りに欠かせないコンテナ類。
お花は同じでもコンテナが違うと、全く印象が違ってきます。
 
変わったコンテナを探しているならば、ストロベリーポットはいかがでしょうか。
 
ストロベリーポットとは、その名の通り、イチゴ栽培用に作られた鉢です。
 
ガーデニング用品店で見かけたことがあるかもしれません。
上の段の真ん中に大きなポットがあり、下の段に3個、ポケットのように小ポットがあるタイプが多いです。
イチゴ苗を育てる時に使う時は、上の大きな口に苗を植え、そこから出るランナーをそれぞれ小さなポケットに誘引して子苗を作ります。
 
でも、イチゴだけではもったいない可愛らしい形のストロベリーポットなので、花苗を使って寄せ植えを作ってみましょう。
ストロベリーポットの大きな特徴は、そのポケットですが、ポケットからの土の流出を防ぐために、始めにきちんと処置をしておく必要があります。
 
通常、鉢の底にある穴に使用する鉢底ネットを、ポケット部にも使います。鉢底ネットは、ガーデニング用品としてのものでなくても、果物や野菜などに使われているネットでも代用できますよ。
 
底の穴に鉢底ネットを当てて、鉢底石を入れ、培養土を入れていきます。
培養土がポケットの高さまできたら、ポケット部の苗を植え込むのですが、この時、切り分けておいたネットを鉢の中からあてて、更に培養土を入れて固定します。
内側からあてるネットは、穴の上半分くらいあたっていれば大丈夫です。
これで、土の流出は防けますよ。ポケット部の植物だけ枯れてしまうということもなくなります。
 
では、ストロベリーポットの形を活かした花選びは、どういったものが良いのでしょうか?
 
こんもり茂った高さがあるタイプと、下に垂れ下がるタイプとを組み合わせると、綺麗に可愛らしく仕上がります。
アイビーやグレコマなどをポケットに入れ、真ん中にはパンジーやビオラなど、大きく茂るタイプを入れるといった感じです。
ポケットに垂れ下がっていく植物を入れると、豪華な印象を与えてくれます。
 
色々な花で挑戦して、ストロベリーポットを上手に使ってみてください。
  
 

関連記事

ページ上部へ戻る