BLOG

草刈り機の事故

現在では、一般の家庭でも簡単に使うことが出来る草刈り機が増えています。
ガーデニング用品店に行けば、何種類もの草刈り機があり、手軽に購入できます。
 
草刈り機には、手で押すタイプと、エンジン動力で、自動的に走行するものとあります。
手で押すタイプは、軽くて扱いやすく、自走式の方は、力をかけずに進むので広い場所に向いています。
 
どちらも、刃を高速回転させて草を刈ります。
草刈り機はとても便利な反面、事故が多いことも事実です。
 
刃が石をかんでしまうと、刃が欠けてしまい、刃が飛んでくることも考えられます。
また、刃の周りには、安全面を考えた金属製のカバーが付いていますが、カバーと地面の隙間から石がはじき出してしまうこともあるのです。
 
安全面を考え、金属刃でなく、ナイロン糸刃を使っているものもありますが、この「飛び石」は避けられないでしょう。
 
あらかじめ、石などの障害物を除去しておいた方が良いですが、全て除去するのは難しいですよね。
作業中に見つけたら、面倒でも必ず草刈りを中断して、除去するようにしてくださいね。
 
また、草刈り機を使用する際に大切なことに、防護服、帽子、めがねの着用があります。
これは、車に乗る時にシートベルトを着用することと同じくらい重要なことです。

 
実際に着用に気をつけている人はまだまだ少ないみたいです。
「少しだけだから」などと面倒に思わず、万一のことを考え、必ず着用するように心がけてください。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る