BLOG

ハイドロカルチャーの管理法

ハイドロカルチャーとは、土を使わずハイドロボールを使って植物を栽培するものです。
ガーデニング用品を扱っているお店には、ハイドロカルチャー専用の植物が売られていたり、お洒落な寄せ植えも売られていたりして、癒しのグッズとして人気が高いです。
 
植物の管理も簡単と言われていますが、うまく育たなかったり、枯らしてしまったりしたことはないでしょうか?
 
ハイドロカルチャーの管理は確かに簡単なのですが、やはり水腐れや、根腐れには十分に注意が必要です。
 
植物のために、日当たりの良いところに置いておくのも良いですが、直射日光があたってしまうところは避けた方が良いでしょう。
特に夏は、容器の中が高温になって蒸れてしまい、根腐れを起こす可能性があります。
 
また、水やりにも注意が必要です。
水をやりすぎても根腐れを起こす可能性があり、植物にとって良くありません。
一般的に底から1cm?2cmくらい水を入れて、完全に乾ききったら水をやります。
2週間に1度くらいが目安です。

 
しかし、コップのような透明な容器なら、外からでも水の具合を見ることができますが、陶器などのように、中の様子が全く分からないものは、どれだけ水をあげたら良いか、分かりづらいですよね。
 
中の見えない鉢などの水分量を測る便利なガーデニング用品に「水位計」があります。
何だか大げさなイメージですが、100円ショップなどでも売られているので手軽に購入することができます。
水位計をつけておけば、水位計に付いている赤い針が、水の溜まっている高さ分だけ上下して、水の分量を知らせてくれます。
 
これがあれば、簡単に水の管理ができますよね。
可愛い植物を上手に管理するために、是非つけておいてください。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る