BLOG

ハイドロカルチャーに適した植物

お家の中でも簡単にガーデニングを楽しむことができるハイドロカルチャー。
管理に手間がかからず、ガーデニング用品としての鉢だけでなく自分の好きな容器に、好きな植物を使って寄せ植えができ、お洒落なインテリアとしても人気がありますね。
 
ハイドロボールというガーデニング用品を使って、お家の中で水耕栽培をするハイドロカルチャーは、どんな植物でも良いというわけではありません。
では、どのような植物に適しているのでしょうか?
 
 
ハイドロカルチャーには、水を好み、日陰でも良く育つものが向いています。
育てやすいものに、パキラやポトス、プミラ、アイビーなどがあります。
 
これらの苗は、ハイドロカルチャー用としてお店で売られていて、それを使えば簡単に楽しむことができますが、それ以外に、土に植えられた鉢植えの植物を利用したり、挿し枝をしたりして根を出した植物も使うことができます。
 
鉢植えの植物を使う場合は、まず、根を痛めないように土を落としましょう。
そして、寄せ植えしやすいように伸びすぎた根を切り取り、丁寧に水で洗ってやります。
外で管理されていた鉢植えのものを使うと、急な環境の変化に一時的に苗に痛みが出てしまうことがあるので、気をつけてくださいね。
 
挿し枝というのは、大きくなった植物の枝を切り、コップなどに水を入れたものに挿しておき、根を出させる方法です。
ただ枝を切るだけでなく、切った枝は上から2、3節を残して下葉をちぎり取っておきます。この葉をちぎった節目あたりから根が出やすいのです。
 
挿し枝は、真夏と真冬を除いた時期ならいつでも行うことができますが、一番根が出やすいのは植物の成長期にあたる5?7月です。
根は、植物の種類や環境にもよりますが、1週間?3週間くらいで出てきます。
ですが、全てに根が出てくるというわけでもないので、気長に構えておきましょう。
 
自分で根を出した植物を使ってハイドロカルチャーを楽しめれば、経済的ですし、愛情も湧いてきます。
是非挿し枝にも挑戦してみてください。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る