BLOG

土壌酸度計

野菜や花を元気に美しく育てる大切なポイントに、土壌酸度があります。
 
土壌酸度とは、土の中の水素イオン濃度のことで、水と同じようにPHで表します。
PH7が中性とされていますが、雨の多い日本では、雨で石灰Caや苦土Mgが流出しやすいので、ほとんどの地域が酸性土壌なのです。 
 
野菜や花によって、酸度の好みが違うので、それぞれ最適な酸度にしてあげるが、野菜は元気に、花はより美しくなるポイントです。
 
ローズマリーやラベンダーなどのハーブ類は、弱アルカリ性を好みますが、ブルーベリーやエリカなどは弱酸性を好みます。
野菜もそれぞれで、じゃがいもは強い酸性を好みますが、ほうれん草や玉ねぎは中性に近い弱酸性を好みます。
 
弱酸性にしたい場合には酸度調節していないピートモスを混ぜ込み、弱アルカリ性にしたい時は石灰を混ぜ込みましょう。
 
でも土を見ただけでは、土壌酸度がどれくらいかは分かりません。
そこで手軽に土壌酸度を計測できる土壌酸度計の出番です。
 
使い方は簡単です。土の中に差し込んでしばらくすれば、指針の動きから一目で酸度が分かります。
正確な酸度が分かれば、的確に植物の好みの土にすることができますね。
 
土壌酸度計はお店で簡単に手に入れることができます。価格は3000円前後です。
 
水分も一緒に計測できるものが多く、中には照度まで計測できるものもあります。
土壌酸度計を使って植物を元気に育てましょう。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る