BLOG

ハンギングバスケット

広いお庭や花壇がなくても、コンテナを使えば手軽にガーデニングが楽しめます。バンキングバスケット.jpg
でもただ置いておくだけではつまらない!という方は空間も利用していきましょう。
 
フェンスや壁があれば、どこでも飾っておくことができるハンギングバスケットがあります。
作ったことがない、難しそう、と思っている人も、是非一度チャレンジしてみてください。思っているよりだいぶ簡単に作ることができますよ。
 
 
まずは、ハンギングバスケット作りに必要な道具をそろえましょう。
ガーデニング用品のお店には、色々な種類のバスケットがあります。
壁にかけるタイプと、円形になっていて、吊るすタイプとあります。
かけたい場所によって、使い分けてくださいね。
 
大きさは様々で、小型のものは直径20cmくらいから、大型のものになると、直径35?40cmくらいまであります。
家庭では、直径25cmくらいまでが手頃ですね。
大型のものになると、豪華で見栄えも良いですが、それだけ重くなり、かけたり吊るしたりするのが困難にもなります。
 
素材も様々です。
ワイヤータイプとプラスチックタイプのものが多く出回っています。
 
その他に、陶器や木のものもあります。
ガーデニング用品のお店によって、扱っているバスケットが違うので、お気に入りのバスケットが見つかるまで、色々回ってみるのも楽しいですね。
 
プラスチックタイプは、培養土を入れてすぐに苗を入れることができます。
 
ワイヤータイプのものは、土が落ちないようにするために、ウレタンや水苔、不織布、ヤシの繊維状のものなどで内張りする必要があります。
お店では、セットで売られていることが多いです。もちろん別売りもしていますので、内張りしているものが傷んできたら交換してくださいね。
 
花苗は、最初のうちは1種類?3種類くらいの方が、まとまりやすいでしょう。 
ハンギング作りに慣れてきたら、バスケットの外側から苗を差し込むやり方もあります。
花苗の数も増えて、ボリュームが出てとても豪華なバスケットに仕上がりますよ。
 
ウレタンなど、内張りしたものに穴を開けて、苗を差し込む方法もありますが、横面にスリットの入ったプラスチック製のバスケットもあります。
最初はこちらから挑戦してみるのもいいでしょう。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る