BLOG

葉の健康

家庭菜園で、農薬に頼らずに健康な野菜を育てるには、害虫の最初の一匹、病気の株の最初の一株をすばやく見つけ、病気の伝染や害虫の大量発生を防ぐことが大切です。
しかし、素人で害虫をすばやく見つけたり野菜の健康を判断することはなかなか難しいものです。
とにかくポイントを抑えて、よく観察することが大切です。
 

野菜の健康診断のポイント

1.葉・・・大きさ、形、色、つき方(方向や角度)
2.茎・・・太さ、節と節の間隔
3.花・・・大きさ、形、色、数、開花位置
4.根・・・伸び具合

 
足しげく畑に通い、野菜たちの健康を適切に判断する、「名医」になりましょう。まずは葉の健康について考えます。
 
 
今回は葉について説明していきましょう。
 

1.葉・・・大きさ、形、色、つき方(方向や角度)

葉光合成を営み、成長する植物にとって、葉の働きは活発であることは健康の第一条件です。
葉の緑が濃く、厚みがあることが健康のバロメーターです。
 
葉の色が淡い、葉が小さい、全体的に育ちが遅い
肥料が不足しているか、順調に吸収されていない可能性があります。
肥料を充分に与えているのに、このような状態が見られるときは、土が固まりすぎで酸素不足を起こし、うまく吸収できていない可能性があります。
 
葉肉の黄変
葉の縁や葉脈近くは緑なのに、葉肉の一部だけが黄色に変色しているときは、カリウムやマグネシウムなど、肥料の一部が欠乏している可能性が高いです。
 
紫変
典型的なリン酸成分の欠乏症状です。
土壌にリン酸成分が不足しているか、あるいは低温による吸収不良が考えられます。
 
 

 
 

関連記事

ページ上部へ戻る