家庭菜園

  1. サヤエンドウの土作りと施肥

    水はけがよく日当たりの良い場所であれば土質は選びません。ただし、酸性・過湿・連作は嫌いますから注意が必要です。家庭菜園に向く野菜の難易度はさほど高くありません。 品種は若さやを利用するサヤエンドウと、実とり用のエンドウ(グリーンピース)があります。

    続きを読む
  2. たくわんを作る

    広めの家庭菜園をお持ちならば、大根を作られてはいかがでしょうか。たくさん収穫した大根は、新聞紙に包み、ダンボールの箱に入れておくと1ヶ月ほどはもちます。しかしせっかくご自身で作った野菜ですので、もう一歩工夫し手作りのたくわんを作ってみるのはどうでしょうか。

    続きを読む
  3. 種まき

    「まかぬ種は生えぬ!」 まさにその通りです。家庭菜園の成功への第1歩は、種まきを無事にクリアすることにあります。そのためにはまず、優良な種を仕入、それぞれの野菜の種の特性を理解して発芽しやすい環境をつくってあげることが大切なのです。

    続きを読む
  4. 用土

    家庭菜園の流行に反映してか、最近では園芸店にさまざまな用土が並べられるようになりました。黒土、赤玉土、腐葉土、ピートモス、川砂、などなど。それぞれ通気性や保水性が異なります。 家庭菜園ではそれぞれを単独で用いるのではなく、数種類を組み合わせて各長所や短所を補うようにすると良いでしょう。

    続きを読む
  5. 1坪のミニ菜園

    家庭菜園では、広いと耕したり草取りが大変なことは確かですが、狭い場所であれもこれもといろいろな野菜を作ると、茎葉が重なり、日陰の部分ができてしまうしし、作業もしにくいものです。ある程度の余裕をもって作ることが良い収穫に繋がります。そうはいっても、誰もが広い菜園を持てるわけではありませんよね。

    続きを読む
  6. 除草剤について

    家庭菜園でよく栽培する野菜について、除草剤の使用方法と時期、対象の雑草、適切な除草剤と1aあたりの使用量目安、その使用上の注意点をあげてみましょう。 【トマト・ナス・ピーマン】・ 除草剤の使用時期と処理方法・・・定植後に雑草発生前。畝間土壌処理。・ 対象の雑草・・・1年生のイネ科、広葉雑草。

    続きを読む
  7. 手作り肥料

    家庭菜園をする人も多くなり、園芸店などにはいろいろな市販の肥料が売られるようになりました。

    続きを読む
  8. 肥料の種類

    家庭菜園の成功の秘訣は、土づくりです。よく耕すことで土の通気性と水はけを良くし、肥料を施すことで栄養のある培養土を作ります。 肥料は大きく、有機質肥料と無機質肥料に分かれます。 ● 有機質肥料動物や植物を原料としてつくられた肥料です。

    続きを読む
  9. 培養土

    家庭菜園の第1歩は、土づくりです。家庭菜園をするのであれば、良い土壌を使うようにしましょう。 野菜の栽培には、「堆肥」と「腐葉土」を混ぜ合わせた培養土が理想的です。優れた培養土の条件は、栄養分が豊富で、しかも全体が団粒構造になっており、空気の流通が良いく、さらに水はけも良好であることです。

    続きを読む
  10. 家庭菜園の11月から12月

    この時期は新鮮な緑黄色野菜が少なくなってきます。家庭菜園でちょっと工夫することでいつでもおいしい野菜を食卓で楽しむことができます。ヨシズなどで片屋根にして北風を防いでみてはどうでしょう。春菊、ラディッシュなどが青々として、好きなときに好きな量だけ収穫できます。これこそ家庭菜園の醍醐味ですね。

    続きを読む
ページ上部へ戻る